サービスメニュー


共通事項
アルミホイールのガリ傷補修等を
行うサービスです
自動車の内装やバッグ、ブーツなど
革製品等の補修を行うサービスです
ノンワックス「1年保証」の
ポリマーコーティングです
フローリング、白木、家具、アルミ
サッシの補修を行うサービスです
ご依頼から
施工・納品まで


注意事項
リーフレット
パンフレット
リーフレット
パンフレット (自動車内装編)/ (衣類等編)
リーフレット
パンフレット
リーフレット(1)
リーフレット(2)
【価格表】
ガリ傷補修カラーチェンジ
ダイヤモンドカット
【価格表】 【価格表】 【価格表】
【施工対象・施工対象外】
【施工対象・施工対象外】
【注意事項】
【注意事項】 【注意事項】

2017/01/29

15インチアルミホイール ダイヤモンドカット修理

こんにちは。橋本です。
いつも当ブログ・ホームページをご覧いただき、
誠にありがとうございます。


本日は、ダイヤモンドカット修理のご紹介です。


まずは、修理前の画像をご覧ください。




画像ではちょっと判り辛いかもしれませんが、
擦り傷や腐食があちらこちらに見えます。


で、早速ダイヤモンドカット修理に出しまして、
仕上がってきた結果が次の画像です。


如何でしょうか。

腐食もきれいに取り去られ、まるで新品のように整った
仕上がりになっていると思います。

ダイヤモンドカット施工は、15~24インチまでお取り扱いできます。
尚、施工できない形状の場合には、施工をお断りする場合がございます。

また、ご依頼にあたり、タイヤ、センターキャップ、バルブはホイールから
取り外していただき、修理完了後再度装着していただきます。
(お客様ご自身で実施頂けない場合、当店にて代行し、実費を請求させていただきます。)

塗装仕上げの場合より値が張りますが、
ダイヤモンドカットホイールの腐食や傷にお悩みでしたら、

電 話:090-2742-4131
メール:mhashimo.4427@gmail.com

まで、是非お問い合わせください。
ご連絡、お待ちしております。

2017/01/26

モケットシートリペア

こんにちは。橋本です。
いつも当ブログ・ホームページをご覧いただき、
誠にありがとうございます。


本日は、モケットシートリペアのご紹介です。


まずは、作業前の画像から。
何らかの熱で、溶けて穴が開いています。

このような場合、繊維を埋めて補修するのですが、
塗料と違って、調色しようと複数の色を混ぜても
混じり合う訳ではありません。

また場合によっては、繊維の向きによって明るく見えたり、
暗く見えたりもします。
ですので、100%オリジナルを再現することが難しいです。

それでも極力目立たないようにしたのが、次の画像です。

如何でしょうか。

モケットの修理は、比較的短時間で終わります。

料金もそんなに高くありませんので、
タバコ等で焦げ穴を作ってしまってお困りの方などは、

電 話:090-2742-4131
メール:mhashimo.4427@gmail.com

まで、是非お問い合わせください。
ご連絡、お待ちしております。


2017/01/19

アルミホイール ガリキズリペア

こんにちは。橋本です。
いつも当店のブログ・ホームページをご利用いただき、
誠にありがとうございます。


本日は、アルミホイールのガリ傷リペアのご紹介です。


施工前の画像をご覧いただくとわかる通り、
ほぼ1周ガリっています。

(1本目) 

(2本目)

写真だとそれほどでもないように見えますが、
1本目の傷はしっかりと地金まで達してました。


で、修理後の画像です。

(1本目)

(2本目)


如何でしょうか。

こちら秋田県湯沢市の雪も、ドカッと降ったかと思いきや
春を思わせるぐらい解けてみたり、また降ったり。
今週末は関東地方も降るとか言ってますね。


降ったり溶けたりしてるうちに轍がきつくなり、思わぬスリップで
「ガリガリッ」とやってしまう事もあると思いますので、気を抜かず
安全運転で行きましょうね。


もし「ガリガリッ」とやってしまってどうしようか悩んでいるのなら、

電 話:090-2742-4131
メール:mhashimo.4427@gmail.com

まで、是非ご相談ください。

ご連絡、お待ちしております。

2017/01/09

こんな仕事もしています(その2)

こんにちは。橋本です。
いつも当ブログ、ホームページをご覧いただき、
誠にありがとうございます。


こんな仕事もしています 第2弾は、
アルミサッシ類のリペアです。


まずは作業前の画像をご覧ください。
実はこれ、自宅の玄関ドアなんです。

実はアルミサッシのリペアには、缶スプレーの塗料を使用しますが、
100%色見が一致するとは限らず、近似色での対応となります。
今回のドアもそうですが、見る角度によって色が変わって見えます。

さて、作業後の画像です。

一部色見が違う部分もありますが、もともと明るい部分、暗い部分が
入り混じっているため、それほど気にならないのではないかと思います。

アルミサッシや玄関ドアなどのキズでお悩みの方、是非

電 話:090-2742-4131
メール:mhashimo.4427@gmail.com

まで、遠慮なくご相談ください。
お問い合わせ、お待ちしております。(^^)

2017/01/05

こんな仕事もしています。(その1)

こんにちは。橋本です。
いつも当ブログ、ホームページをご覧いただき、
誠にありがとうございます。


当店は、車に関する傷の修理などをメインで行っておりますが、
実は車以外に、住宅関連の補修についても行っておりますので、
簡単ですが、紹介させていただきます。


初めに、フローリングのキズの補修についてです。
画像の中央右下に抉れキズがあります。

で、こちらが補修後です。

如何でしょうか。

顔を近づけて、よ~く見ると補修跡がわかるかもしれませんが、
フローリングですので、普段は立った位置から見下ろすことになるため、
まず気にならないと思います。

今回の画像は抉れキズですが、引っ掻き傷(線キズ)やえくぼキズについても
補修できます。

フローリングのキズが気になっているのであれば、

電 話:090-2742-4131
メール:mhashimo.4427@gmail.com

まで、是非ご相談ください。


近日中に、その2、その3...と続く予定ですので、お楽しみに!!(^^)